ゲームをいろいろやってみる日記

ゲームのことを書いていきます。 おもに3DSのゲームについて書いていましたが、いまはアプリ、グラブルがメインです。

広告


シナリオイベント

今日もお馴染みの10連無料ガチャは今日も10連でした。フェス中に20連以上を引ける日はくるのでしょうか……。明日まででしたっけ……?しかし、ガチャの中身は今回もいい感じです。シャルロッテとサーヴァンツです。サーヴァンツは、あのメイド二人のあれですね。まだ使って

今日もですか……あけましておめでとうございます。ゆく年くる年ルーレットは今日も10連でした。6日連続くらいですね。フェス中はずっと10連です。SSRが引けてますし、あんまり贅沢を言うのもアレなんですが、もっと引きたいですよね。ということで今日の結果です。スカーサ

ストーリーをクリアしましたシナリオイベント・ライトビハインドユーのストーリーをクリアしました。内容は面白かったです。第五話のゼタの一騎討ちのところがお気に入りです。ゼタいいですよね。なんかこう、ストレートな感じで。ラストの2択の切断するかしないかのところ、

後半戦クリア!進撃の巨人イベントの後半戦がきましたね。後半ストーリーをクリアして、リヴァイが仲間になりました。チャレンジクエストもクリアしました。ストーリーのほうは面白かったです。グランサイファー登場は、なんかいいですよね。映画のワンシーンのような印象で

エレン3凸進撃の巨人イベントをぼちぼちやってます。ヘルのドロップで、エレンが3凸できるようになりました!まだ上限解放してませんけどね。これ全部ドロップなんですよね。トレジャー交換のエレンはひとつもありません。一方スナップブレードは1本もドロップしていません…

ストーリークリア!進撃の巨人コラボ、タイタニックイェーガーをクリアしました。内容はまあまあ面白かったです。最後のアレは続きがあるってことなんでしょうね。ストーリー中のバトルは、巨人が倒せなくて焦りましたが、落ち着いて進めていけば大丈夫です。あとはジータち

イベント感想シナリオイベント・ふたりの騎士道のストーリーをクリアしました。内容はうーん、という感じでした。途中からヘンリーが仲間っぽい立ち位置になるのがどうもピンとこないんですよね。結果的にはうまくいきましたけど、見習いたちが逃げずに戻ってくるというのも

終盤にいくにつれて盛り上がるシナリオイベント、プラチナスカイのストーリーをクリアしました。なんか評判がいいらしいイベントだと聞いたのですが、面白かったです。ラストに近づくにつれて盛り上がってくるという感じです。変にひねっているわけでもなく、素直に面白いシ

終わりましたね古戦場が終わりましたね。今回は拳の3凸はできませんでした。最初は頑張ってたんですけど、なんか失速してしまいました。やはり予選突破しない団はモチベーションが続かないですね。水パーティーがそんなに強くなかったのも原因でしょうか。もうちょっとスキル

シナリオクリアしました!「ごめんなさいとありがとう」をクリアしました。内容はなかなか良かったですよね。ユエルもソシエも可愛いですし。クリア後にチャレンジクエストがあるんですよね。「本当の使命」というクエストです。これもクリアしたのですが、クリア報酬の石と

前半戦開始カードキャプターさくらコラボが始まりましたね。とりあえずストーリーはクリアしました。前半の内容はあっさりで、後半に続く、という感じですね。さくらちゃん可愛かったです。イベント戦でさくらが攻撃してくれなかったので、そういう演出かなと思っていたら、

イベント感想古戦場が終わって、パープルスケールが始まりましたね。とりあえずストーリーはエンディングまで見て、難易度ヘルまでクリアしました。ストーリーがどうのよりもまずは加入キャラです。オープニングからいきなりボクっ娘が出てくるじゃないですか。サリエリアち

刀剣コラボ後半戦刀剣コラボの後半戦が始まりましたね。そうそう、まだ折り返し地点でしたね。イベントはあと一週間ほどあります。追加されたエピソードをエンディングまですすめるとチャレンジクエストに挑戦できます。チャレンジクエストの内容固定パーティーで挑戦するク

刀剣乱舞コラボ刀剣乱舞とのコラボイベントが始まりましたね。とりあえずやってみました。前後半に分かれているイベントということで、現在開催分のストーリーはあっさりでした。宗近が帰ってきて終わりですね。刀剣乱舞をやっている人からすると、漲ってくる展開だったのか

イベント開始月末のシナリオイベントが始まりました。孤独の竜姫ですね。さっそくプレイしたので感想です。内容とキャラ学園で魔物が出たのでグレアちゃんとなんとかしようというストーリーです。加入キャラはグレアです。ハンナちゃんのほうがかわいいなあと思っていたので

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ