ゲームをいろいろやってみる日記

ゲームのことを書いていきます。 おもに3DSのゲームについて書いていましたが、いまはアプリ、グラブルがメインです。

広告


グランブルーファンタジー

半額期間のマルチは人が少ない?半額期間ということで、マルチの自発をしたりしてみましたが、参戦者が全然こないんですよね。人が少ないんでしょうか?自発が多すぎて分散しちゃうとかなんでしょうか。難しいものですね。さくらコラボイベントカードキャプターさくらコラボ

前半戦開始カードキャプターさくらコラボが始まりましたね。とりあえずストーリーはクリアしました。前半の内容はあっさりで、後半に続く、という感じですね。さくらちゃん可愛かったです。イベント戦でさくらが攻撃してくれなかったので、そういう演出かなと思っていたら、

イベント感想古戦場が終わって、パープルスケールが始まりましたね。とりあえずストーリーはエンディングまで見て、難易度ヘルまでクリアしました。ストーリーがどうのよりもまずは加入キャラです。オープニングからいきなりボクっ娘が出てくるじゃないですか。サリエリアち

古戦場終盤古戦場が終わりましたね。結局九界琴の3凸が2つ完成しました。もともと2凸を持っていたので5箱……?開けたみたいです。意外といけましたね。エリクシールハーフをジャブジャブ飲むといいということに気づいてからははやかったです。最終日はやはり救援にきてもら

古戦場近況ふと思ったんですけど、妖しい臓肉って何のためにあるんでしょう。あのグラッジチャンクと交換するやつです。わざわざグラッジチャンクの入手にワンクッション入れる意味がわからないですよね……?全部交換しちゃってますけど、使い道ってあるんでしたっけ?なん

ボーナスタイムマルチのドロップ率調整で不具合が出ていたようですね。こういう感じだったらしいです。新召喚石マルチから大幅にSSR武器などが落ちるようになっていた不具合要するに不具合というか、想定以上にドロップしてしまっていたようです。そして気づいていた人は気づ

アップデートソロ共闘のアップデートがきていましたね。さっそくやってみましたが、クエストの数も少なくなっていましたし、ちょっとわかりやすくなっていました。クエストを取り下げてからでないとルーム解散できないのは注意です。なによりひとりで気楽にできるのはいいで

リヴァイアサンマグナHLようやく戦い方がわかってきました。いままでいろいろわかっていなかったようです。前半戦はデバフのほうが大事なんですね。戦闘開始→氷壁結界を貼られる前にデバフを入れる→青輪を攻撃しつつ青輪にデバフを入れてチャージターンリセット→青輪がオ

それなり半額期間がそろそろ終わりますね。今回の半額期間はそれなりでした。イベントのSSRは全部集められましたし、ほかには……まあマグナHLをぼちぼちやっていますし。マグナHLはそこそこマグナ武器が落ちる気がして楽しいですね。(実際によく落ちるのかどうかはわからな

刀剣コラボ後半戦刀剣コラボの後半戦が始まりましたね。そうそう、まだ折り返し地点でしたね。イベントはあと一週間ほどあります。追加されたエピソードをエンディングまですすめるとチャレンジクエストに挑戦できます。チャレンジクエストの内容固定パーティーで挑戦するク

このガチャ産SR刀を砕けば……鶴丸国永の最終上限解放の素材を集めています。あとは刀のエレメントだけです。このエレメントの集め方なのですが、規則性はだいたい知っているのです。ドロップ品よりもガチャ産の武器のほうがエレメントが多くなる。SRよりもSSRのほうがエレメ

マグナHLの学習を続けるHLマルチを自発できるようになったので、予習を続けています。動画をいくつか見たのですが、何がなんだかわかりません。代わりにウィキのページを見つけました。ハイレベルマルチバトル攻略法かなり詳しく書いてありますね。うん、わかりません。なん

刀剣乱舞コラボ刀剣乱舞とのコラボイベントが始まりましたね。とりあえずやってみました。前後半に分かれているイベントということで、現在開催分のストーリーはあっさりでした。宗近が帰ってきて終わりですね。刀剣乱舞をやっている人からすると、漲ってくる展開だったのか

孤独の竜姫3凸完了イベント孤独の竜姫で手に入るSSR武器と召喚石は両方3凸できました。やりました!まだニ三日ありますが、イベント完了ですね。貢献度の残りの報酬とか、デイリーミッションとかもありますが、まあいいでしょう。ほかのことをします。召喚石は上がりにくいと

イベント開始月末のシナリオイベントが始まりました。孤独の竜姫ですね。さっそくプレイしたので感想です。内容とキャラ学園で魔物が出たのでグレアちゃんとなんとかしようというストーリーです。加入キャラはグレアです。ハンナちゃんのほうがかわいいなあと思っていたので

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ