開いた本


簡単な脱出ゲーム



脱出ゲームのアプリをやってみました。
ロストメモリーからの脱出というアプリです。
レビューにあるとおり、かなり簡単です。
怪しい部分を調べるだけで、だいたい解けます。
やってみるとわかりますが、怪しいところはわかりやすく怪しいです。

選択肢によって、エンドが変わるようですが、これも簡単です。
ただ、ステージが20個あるので、ボリュームはそこそこあります。

広告がわりと多いですが、これは無料のアプリなので仕方がないですね。

詰まりそうなところ



詰まりそうなところをまとめてみました。

ステージ3はパンの中に鍵が入っています。
ステージ4は木の葉っぱの数が鍵になります。
ステージ7は写真立てに気づけば解けると思います。
ステージ8は上のアイコンをクリックで、アイテムを選べるのがポイントです。
ステージ10は足し算と引き算になっています。
ステージ11はちょっと難しいです。
ひらがなの一部を入れていきます。
全部ではないです。
見つけたアイテムと、玄関脇のヒントを見比べてください。
ステージ14はなかなかよくできています。
アルファベットに漢字を当てはめると、鍵がわかります。
ステージ19のキーワードはちょっとわかりにくいです。
Bのキーワードは「かるい」ではないです。

感想



トゥルーエンドでクリアできました。
簡単でしたが、理不尽な「謎解き」がなかったのは良かったです。
女の子が作った脱出ゲームという設定ですし、簡単なのも一応納得できます。
ストーリーは、まあ、フワッとした感じでした。
全体的に、うす味のアプリですが、雰囲気はいい感じでした。
20ステージあって、全部背景が同じなのは、単調に感じましたが、部屋からの脱出という話ですし……。
ラストも別に脱出はしてなかったですが、なんかハッピーエンドな雰囲気はあったので良かったと思います。