体験版をプレイしました。



花にとまるハチ

魔女と勇者2は面白い



まず始めに言っておきたいですが、このソフトは面白いです。
ダウンロード専用ですが、400の低価格なので、3DSを持っているなら買って損はないと思います。

前作も面白かったんですよね。
今回はさらにパワーアップしています。
大きな違いは魔女が動けるということですね。

内容



基本的なゲームの内容はタワーデイフェンスです。
周囲から敵が迫ってきます。
魔女を守りつつ、勇者を操作してこの敵を撃退するという内容です。

敵にぶつかれば、ダメージを与えることができます。
このときこちらもある程度ダメージを受けます。
勇者は体力がなくなっても一定時間経つと復活します。
魔女の体力がなくなると、ゲームオーバーです。

ステージ制で、クリアすると、拾ったお金で装備を整えることができます。
レベルもありますね。
内容はこんなところです。

操作方法



今回から、魔女も動かせるようになりました。
勇者と魔女、切り替えて操作をするのではなくて、同時に操作します。
勇者はスライドパッド、魔女はXYABで移動ですね。
なので、両手でプレイすることになります。
攻撃はぶつかるだけなので、移動するだけでいいのです。
Rボタンで魔法の切り替えもできます。

プレイの流れ



実際のプレイでは、魔女を守りつつ戦うことになります。
魔女の体力がなくなるとゲームオーバーですからね。

勇者で敵を全滅させるのは厳しいので、足止めしながら倒せそうな敵を倒すという感じです。
敵を倒すと、コインやアイテム、赤いクリスタルなどを落とします。
このクリスタルが重要で、これを魔女に渡すと、魔力ゲージが溜まります。
ゲージが溜まりきると魔法が発動します。
魔法は強力なので、どんどん使わせたいですね。

前作では魔女は動けなかったので、勇者がクリスタルを集めて渡さなければいけなかったのです。
でも今回は魔女が動けるので、自分で取りに行けます。

敵が宝箱を落とすことがあって、これを手に入れるには、勇者だと何回も攻撃しなければなりません。
魔女が宝箱に攻撃すると、一発で手に入れることができます。

まとめると、勇者は敵の足止め係、魔女はアイテム回収係といった役割分担になります。
魔女と勇者を同時に操作しながら、敵の動きに合わせて、それぞれの役割をこなしていく。
これがかなり面白いんです。
戦略てきな要素もありますし、うまくアイテムを回収して、魔法をガンガン使えると、気分がいいです。

感想



前作がシンプルにまとまった良作で、特に変えるところもないだろうなあと思っていました。
変えるとしてもグラッフィクとかそこら辺だろうなあ、という感じでした。
今回魔女と勇者2をプレイして、予想を越えてきました。
魔女を動かせることで、ゲームとしての面白さがかなりパワーアップしています。
前作をプレイしていなくても、問題なくプレイできます。
両手を使うので、ちょっと忙しいですが、ぜひオススメしたいゲームです。

ひまわり

海外っぽいパズルゲーム・アトランティッククエスト



eショップで体験版を見つけたのでやってみました。
アトランティッククエストというゲームです。
海外の雰囲気が漂うパズルゲームです。
ジュエルクエストとか、こういう感じのゲームですよね。
面白くなくはないゲームでした。

内容



基本的には3マッチパズルです。
パズルの操作方法が三つあります。
チェンジ、ライン、グループです。
チェンジはパネルをいれかえて消す、ラインは三つ以上並んだパネルをなぞって消す、グループは三つ以上のかたまりをタッチして消す、という感じです。
これを自分で切り替えてマッチさせていきます。
色のついたパネルを消すといいみたいです。
クリア基準とかはよくわかりません。
絵合わせパズルのステージもあります。

感想



操作方法が三つのパズルゲームって珍しいですよね。
いろいろできるので、クリアが難しいという印象はありませんでした。
グラッフィックも海をモチーフにしたいい感じのものです。
ただ全体的に、いろいろできすぎてなにをすればいいのかはっきりしないというか、何をさせたいのかはっきりしない感じのゲームでした。
プレイしているこちらも戸惑いながらふわっとプレイすることになります。
だいたいラインとグループって、切り替える意味がほとんどないんですよ。
チェンジはパネルを動かせるので意味があるんですけど。
そういうことをあんまり考えずに、とにかくいろいろできるようにしてみましたというゲームです。
手抜き感はないので、好きな人は好きかもしれません。
僕も嫌いではないです。
そういうゲームでした。