疾風のうさぎ丸謎のからくり城の体験版をプレイしました。



ゴルフ場の樹

シンプルなパズルゲーム



これはちょっと懐かしい感じのパズルゲームですね。
画面固定でジャンプをしたり、能力を使ったりして、ゴールを目指します。
能力というか、忍者っぽいので、忍術でしょうか。
アクションパズルです。

グラフィックもシンプルです。
まあ、低価格ゲームですからね。
基本の操作は分かりやすいです。

基本はいい感じ



うーん、パズルですし、いい感じのゲームです。
やれることがいろいろあるんです。

まず、能力があるんです。
空を飛んだり、岩を壊したり。
それを使える場所は決まっているんです。
特定の場所で、特定のボタンを押すと、能力が発動します。

で、村人を助ける要素もあるんです。
仕掛けを駆使して、助けて、ゴールまで連れていくんです。

で、岩を動かしたりします。
動かせる岩があって、それを持ち上げたり引っ張ったりして移動させます。
岩の重さで仕掛けを発動させたりするんですね。

で、瞬間移動の能力もあります。
ステージの任意の場所に旗を立てて、そこにほかの場所から移動してくるわけです。

感想



なんというか、すごくいろいろな要素があります。
うーん、体験版をプレイした範囲では、いろいろありすぎて、つまらないです。
パズルを楽しめないです。

状況を把握して、やれることを確認するだけでうんざりするというか……。
シンプルなルールのなかで、どう工夫するか、というパズルではないんですよね。
いろんなものがルールにくっついてて、そこがどうも楽しめないです。
慣れれば楽しめるかなあ……。
ゲームそのものは、低価格の割りに良くできている感じでした。


深い森の画像

ハコボーイ!



というわけで、ハコボーイ!の体験版もやってみました。
このハコボーイはNintendoのゲームのようです。
内容はプレイヤーキャラクターであるハコがハコをだして、ステージをクリアしていくというものです。
安定の横スクロールに、ちょっとパズル要素が入っているゲームです。
基本モノクロのグラッフィックの、独特な雰囲気ですね。

能力を使う



ハコボーイはハコを出す力みたいなのがあります。
これで段差を越えたり、スイッチを押したりするんですね。

一度に出せるハコはひとかたまりまでです。
こっちにハコを置いて、あっちにもハコを置くというのはできないんですね。

ハコを連続で出してひとかたまりにすることもできます。
ステージごとに決められた範囲でかたまりを作ります。
テトリスのブロックのようにL字やZ字にすることもできます。
ステージの仕掛けに合わせて、作る形を変えるんですね。

出せるハコの総数もステージごとに決まっています。
これらの制限の中でやりくりをして、ゴールを目指すというわけです。

感想



面白いです。
アクションはそれほど難しくありません。
ミスをしても次の瞬間には復活しています。

パズル要素もほどよいくらいの難しさです。
ステージが短くて、すぐにクリアできます。
手軽に楽しめるタイプのゲームですね。
体験版もそこそこの数のステージで遊べますので、ためしにプレイしてみるといいと思います。