ふゆの樹

ファイナルファンタジーのアクションゲーム



これもけっこうハマったゲームです。
簡単にいうと、ファイナルファンタジーのモンハンですね。
モンスターを倒して、素材を集めてという感じです。
いちおう、インターネットでの協力プレイもできます。
面白かったですよ。

違い



どんな内容なのかというのは、モンハンとの違いをあげていくとわかりやすいです。
似ていますが、けっこう違います。

ジョブ



ファイナルファンタジーといえば、ジョブですよね。
このゲームでもいろんな種類のジョブがあります。
拠点にいるときに、好きなジョブに変更することができます。
ジョブにもレベルがあって、マスターまでいくと、いくつかのパッシブスキルが手に入ります。
ジョブによってステータスに変化があったり、装備できるものに制限があったりします。

アビリティー



ファイアやケアル、ジャンプなどのアビリティーもあります。
こうしたアビリティーを8つまでセットして、狩りの途中で使うことができます。
これがかなり種類があります。

しかも、アビリティーをアレンジする機能もあるんです。
範囲拡大や、属性強化など、これも種類が多いです。
規定回数の範囲でアレンジしていって、アビリティーを育てていくような感じです。

魔石



魔石をセットして、使うこともできます。
ゲージが溜まるとセットした魔石に応じて、操作キャラクターがクラウドになったり、ティファになったりします。
必殺技を使ったりもできて、これは楽しいです。

雑魚モンスターとの戦い



このゲームでは雑魚モンスターと戦う意味があります。
アビリティーを育てるときに雑魚モンスターと戦いますし、雑魚モンスターを倒すことで魂石を手に入れることもあります。
この魂石を使って、仲間モンスターを手に入れることもできます。
ボス戦だけではない感じですね。

イライラポイント



さまざまな召喚獣がボスモンスターとして出てきますが、マップを逃げまわって、それを探すというような要素はないです。
これは本当にいいですね。
無意味なおいかけっこをしなくてすみます。
同一マップ内で移動はしますし、飛び上がったりはします。
多少の無敵状態はあります。
まあでも、モンハンみたいにモンスターが暴れまわるのをしばらく眺めているということはしなくていいです。

残念なところ



残念なところもあります。
ほとんどのひとが感じると思いますが、マップの移動についてです。
本編ラスト付近から、ボスにたどりつくためのマップ移動の時間が、ものすごくかかるようになります。
テレポで瞬間移動とかできないのです。
徒歩です。
素材集めのために、ボスと何回も戦わなければならないのですが、一回戦うだけでもううんざりするレベルに時間がかかります。
さらに、クリア後は連続狩猟のようなステージが出現します。
これも移動に時間がかかります。
全体マップの端から端まで徒歩で移動させられたりします。
せっかくおいかけっこがないのに、この無意味な移動で、クリア後からはかなりつまらなくなります。

感想



クリア直前までは、すごく面白いゲームです。
装備だけではなくて、ジョブやアビリティーを育てる要素もあって、やることが多くて楽しいです。
雑魚を倒してまわるのも楽しいんです。
アクションが下手なひとでも問題なくプレイできると思います。
クリア後は本当に残念ですが、そこまでは非常にいいゲームだと思います。