体験版をプレイしました。



雪のなかの松

ミニゲーム集



棒人間チャレンジ! というゲームの体験版が、eショップにきていました。
これはミニゲーム集のようです。
スマホからの移植のようですね。

800円で、低価格です。
こういうちょっとしたゲームが気軽に買えるのはいいですね。
暇つぶしに体験版をプレイしてみようと思います。

ゲームの内容



体験版は5回起動できるようです。
ミニゲーム集なので、内容とかはないですね。
ゲームごとに違います。

プレイできるゲームは5種類です。
製品版だと80種類以上あるらしいです。
そんなことが書いてありました。
簡単に、プレイした感想を書いていこうと思います。

壁抜け



迫ってくる壁に穴があいています。
棒人間を動かして、穴と同じポーズをして、壁を抜けるというゲームです。
ABXYのボタンごとに対応したポーズがあります。
穴にあわせてポーズを決めるわけです。

まあまあ面白いです。
序盤は簡単なのですが、その序盤がかなり長いです。
飽きてきた頃に壁のスピードが速くなって難しくなります。

ミットうち



棒人間がミットを構えるので、対応した場所にパンチを打ち込みます。
下画面が4分割されていて、触った場所にパンチをするという流れです。

反射神経が求められるゲームですね。
面白かったです。
これはやりこんでいくとさらに面白くなりそうなゲームです。

玉乗り



3DSを傾けて、玉の上に乗っている棒人間をゴールへ導くゲームです。
やることはただ傾けるだけです。

これはかなり面白いです。
傾きの反応がいいんです。
行き過ぎた、と思ったときに反対側に傾けると、なんとかなります。
この手のゲームによくある、反応が悪くて思い通りに動かないといったイライラポイントがないです。
反応がいいだけでこんなに面白くなるんですね。
おすすめのゲームです。

崖ランニング



走っている棒人間をジャンプさせて、穴に落ちないようにするゲームです。
Aボタンでジャンプ。
それだけです。
走るのは自動でやってくれます。

これはとくに面白くもないし、つまらなくもないゲームです。
やってみて、フーンという感じでした。
よくある感じのゲームです。

棒人間叩き



画面を走り回る棒人間をハエタタキで叩くゲームです。
見た目はまあまあ面白いです。
棒人間が走ったり、つぶれたりするのは楽しいです。
ハエタタキの動きがいちいちもっさりしているので、やっていくうちにつまらなくなってきます。
たまに遊ぶぶんにはいいんじゃないかと思います。

感想



ミニゲームごとに面白さにムラはあります。
かなりゲームの種類があるようなので、探せば気に入るゲームは見つかりそうです。

それぞれのゲームは、ちゃんと作られているみたいです。
体験版でプレイしたゲームは、シンプルですが、ルールもわかりやすくて、ゲームとして成立していました。
低価格のソフトにしては出来がいいと思います。
暇つぶしに買ってみてもいいんじゃないでしょうか。

プレイ動画



こちらの記事では、このゲームの開発さんのプレイ動画が見られます。

3DS「棒人間チャレンジ!」開発スタッフによるスーパープレイ動画「とつげき~!」「だいこん100本引っこ抜き」が公開!|Gamer

開発スタッフのひとって、ゲームがうまいんですね……。
それはそうか、という気もしますが……。
やりこみがいのあるゲームのようです。