体験版をプレイしました。


湖

面白い



暗殺教室のゲームの体験版がeショップに来ていたので、プレイしてみました。
なかなか面白いです。
ゲームとして、よくできていると思います。

キャラゲー、とはいえジャンプの人気漫画だと、ときどき面白いゲームがありますよね。
昔ゲームボーイで出ていた、幽々白書の対戦格闘ゲームは好きでした。
この暗殺教室のゲームはアクションですが、それほど難しい感じではないです。

連載は終了



ところで、暗殺教室って、連載は終了していますよね。
なんかそういうニュースを見ました。
探してみたら、アニメスタッフからのコメントページを見つけました。

TVアニメ「暗殺教室」公式サイト

公式サイトのページなので、本当に終わったんですね。
単行本で読んでいたので、まだ追いついていないです。
たしかに終わりそうな雰囲気ではありましたね。
アニメにもなって、ゲームも出て、人気のあるうちに終わってしまうのはもったいない気もしますが、そういうストーリーでしたからね。
また面白いマンガを描いてくださるといいと思います。

ゲームの内容



ということで、体験版をプレイした範囲での、ゲームの内容を書いていこうと思います。
起動回数は10回と少なめでした。

ジャンル



これはたぶん、FPSとかそういうジャンルなんだと思います。
かなりゆるい感じです。
おいかけっこ+まとあてという感じでしょうか。

殺せんせーを追い掛け回して、バンバン撃って、体力をなくしてしまうというゲームです。
本格的なものという感じではなくて、バタバタ追い掛けて、わちゃわちゃやっているあいだに倒すという感じです。
難しいゲームではなさそうです。
短いミッションをクリアしていくタイプのゲームのようです。

操作



操作感覚はすごくいいです。
立体的に描かれたキャラが、ぐりぐり動きます。
動きもかなり早いです。

ちょっとはやすぎて、ターゲットをロックオンして、撃つという、こういうゲームの基本動作も落ち着いて出来ない感じです。
その部分は好みが分かれると思いますが、楽しく遊べています。

キャラクター



キャラクターはデフォルメされた2頭身キャラです。
ほどよく立体的に再現されているとは思いますが、ちょっとかわいすぎるような気もします……。
ねんどろいどみたいな感じです。
殺せんせーは、……触手がうにょうにょしていてちょっと気持ち悪いです……。

育成



育成もできるようです。
レベルがありますし、数値も細かく表示されています。
アタッカーとか、キャラごとのタイプも決められているようです。

キャラクターもいろいろ選べるようですね。
クラスの生徒は……何人でしたっけ。
先生たちも選べるんでしょうか。
プレイできるキャラはかなり多そうです。
体験版では生徒5人と殺せんせーが選べました。

ワナ



ゲームのステージの中にはいろいろなアイテムが落ちています。
それを拾って、ワナとして仕掛けることもできます。

これは……上手く活用できませんでした。
どこにワナをおくかを考えたりするよりも、圧倒的にゲームのテンポが速いのです。
ワナを拾ったら適当にばら撒いていくという感じで遊んでいました。
アイテムの湧きもめちゃくちゃはやいので、そういうプレイでいいんじゃないかと思います。

ストーリー



体験版をプレイした限りでは、ほとんどストーリーに関する部分はないようでした。
うーん、まったくないはずはないと思うので、製品版にはついているのだと思いますが……。

感想



アクションが下手な人でも楽しめるゲームでした。
こういうのは好きです。

ジャンルとしてはFPSなんじゃないかと思いますが、戦略を立てて、相手に的確に反応して倒していくという感じではなくて、ひたすらわちゃわちゃ追い掛け回してバンバン撃つゲームです。
楽しいです。
一度やってみるといいんじゃないかと思います。

原作ファン向けのコンテンツは……特になかったですね。
不満があるとすればそこくらいでしょうか。

a1180_010201

不思議の国のラビリンス



eショップに体験版がきていたのでプレイしてみました。
低価格ソフトですね。
800円のようです。

操作



なによりもまず書いておきたいのが、このゲームでは、移動は十字ボタンでおこないます。
こういうソフト、久しぶりです。
低価格のソフトですし、かなりヤバそうな気がします。

内容



ゲームの内容は不思議なダンジョンです。
基本的なシステムはほとんど同じです。

戦闘



このゲームでは、敵に攻撃するときに、ちいさなウィンドウが開いて、戦っているアニメーションのようなものが表示されます。
エンカウント方式ではないのですが、エンカウントしているようなウィンドウが開くのです。
不思議のダンジョン系のゲームには必要ない機能ですし、こういうテンポが悪くなる原因になるシステムは嫌いなのですが、不思議と嫌な感じではないです。
テンポも悪くないですね。
このアニメーションが必要だとは思えませんが、うーん、悪くないです。

主人公



主人公はリーディアという女の子のキャラクターです。
イラストはかわいいです。
グラフィックは低価格ソフトのグラフィックですが、キャラクターのイラストはいい感じですね。

ダンジョンへ



というわけで、ダンジョンへ行ってみます。
体験版では訓練所というダンジョンに行けます。
ここをクリアすれば、ちゃんとしたダンジョンに行く許可がもらえるようです。

戦闘のコツ



ダンジョンでは杖を拾います。
そして、火炎の杖を見つけて、これを敵に向かって振ります。
すると、敵が死にます。
体験版の範囲では炎の杖がずば抜けて強いです。
剣とかよりも杖を使った方がはやいです。

クリア



そうこうしているうちに、訓練所をクリアしました。
簡単です。
クリアしたあと話しをして回ると、料理や合成についての話が聞けます。
実際に合成したりはできないみたいですね。
体験版ではここまでです。

感想



最初はヤバそうなソフトだと思ったのですが、わりとちゃんとしたソフトでした。
十字ボタンでの移動に慣れれば、特に不満はないです。
料理などの独自システムもありますし、けっこう遊べそうです。
値段にしてはいい感じのソフトだと思います。
不思議のダンジョン系のソフトを持っていなかったら、これを買ってみてもいいかもしれません。