ゲームをいろいろやってみる日記

ゲームのことを書いていきます。 おもに3DSのゲームについて書いていましたが、いまはアプリ、グラブルがメインです。

広告


2017年12月

ストーリーをクリアしましたシナリオイベント・ライトビハインドユーのストーリーをクリアしました。内容は面白かったです。第五話のゼタの一騎討ちのところがお気に入りです。ゼタいいですよね。なんかこう、ストレートな感じで。ラストの2択の切断するかしないかのところ、

水着ゾーイが当たる今日の無料ガチャは10連でした。結局グランデフェス中に、20連以上は引けませんでした。肝心なときに101010です……。ただ、ガチャの中身はかなりの当たりでした。リボンが出ましたよ!水着ゾーイです!なんか強いらしいですよね。ほかにもSSRが2体出てい

シルフィードベルは落ちないガロンゾの古き戦いを周回しています。まだシルフィードベルが落ちないんですよね。これにはちょっとびっくりしています。こんなにも落ちないものなんですね……。まあ武器を集めるときにも周回はしますけど、SRもときどき落ちるクエストと比べる

共闘の連続クエストをやってみるいままで共闘はあんまりやっていなかったのですが、ふと思いたって、共闘の連続クエストに参加してみました。せっかくの共闘半額期間ですし。で、やってみたのはユグドラシルマグナ、30連です。やる前からそんな予感はしていたのですが、やは

重い?なんか共闘が処理中の表示でなかなかプレイさせてくれなかったり、年年歳歳でエラーが出たりしてましたね。アクティブなプレーヤーが増えて重くなっているんでしょうか?年末で暇な人が多いのかもしれませんね。エクストラクエストは普通にプレイできてました。無料ガ

無料ガチャ昨日の無料ガチャは10連でした。SSRはなしでした。7日目なので、折り返し地点です。ここまで累計120連、SSRはみっつ、ジャンヌダルク、ルノワール、クリスマスマリーです。けっこういい感じですよね。カーバンクルが増えましたけど……?光ピックアップを回せたお

ルーレットの結果はともかく……昨日の10連ガチャルーレットは10連でした。なかなか大きな数をひけませんね。ただ、SSRは出てくれました。ジャンヌダルクさんです。光のジャンヌダルクですね。これってたぶんかなりの当たりですよね。闇のジャンヌダルクのほうが強いっぽいで

クリアしました!アーカルムの転生、ノーマルモードをコンプリートしました。ボスが強いんだろうなあと思って、なかなかポイント9-1から進めていなかったのですが、パスポートが溢れてしまうのも気になって、思い切って戦ってみたら勝てました。ということで、ハードモード解

半額期間なのに半額期間なのにゼノディアボロスを倒しています。もったいないけど仕方ないですよね……ゼノですから……。普天幻魔は2凸できました。真にするときの素材はわりと楽そうなので、3凸さえできれば実質完成みたいなものですよね。あとちょっとです。直接ドロップ

プレゼント?ゆく年くる年キャンペーンが始まりましたね。100連ガチャルーレットもやりました。初日は30連、SSRはなしでした。まあ無料で30連も回せたんだから、文句はないです。ルーレットにはなぜかガチャピンとムックがいましたよね。あいつらは何だったのか……と思った

公式のお知らせ年末年始のキャンペーンのお知らせが公式から出ていました。ゆく年くる年キャンペーン開催のお知らせただの半額キャンペーンじゃないんですね。期間中、毎日無料10連ガチャを引けるらしいです。しかも無料10連ガチャを何回引けるかの抽選も毎日受けられて、1日

使っていない光パーティーゼノディアボロスがくるので光属性パーティーのメンバーの運用を確認してました。まだ全然SSRキャラは集まっていないんです。ですがそもそも最近光属性パーティーを使ってません。イベントでも光有利って、たしかごぶさたですし……。で、手持ちのSS

ゼノディアボロスは木曜日から進撃の巨人コラボもひと通り終わって、すぐにやらないといけないことがない状態です。グラブルは次々にイベントが開催されるから、こんなに余裕があるのは珍しいです。とりあえずエンジェルヘイローを周ってます。ゼノディアボロスに向けて、光

後半戦クリア!進撃の巨人イベントの後半戦がきましたね。後半ストーリーをクリアして、リヴァイが仲間になりました。チャレンジクエストもクリアしました。ストーリーのほうは面白かったです。グランサイファー登場は、なんかいいですよね。映画のワンシーンのような印象で

ひさしぶりにプレイ白猫プロジェクトをひさしぶりにプレイしました。メインストーリーのスキエンティアの闇濃い深淵でずっと止まってるんですよね。ときどきイベントをクリアして建物を建てて遊んでいます。いまのタウン効果はこんな感じですね。これがどの程度のものなのか

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ